製品紹介PRODUCT

銘板ラベル

  • 株式会社カナエ製品画像

日本では、機械器具類に取り付ける銘板については日本産業規格(JIS)でその設計基準が定められており(JIS Z 8304:1984)、銘板は「金属,プラスチック又は紙を素材とし,必要な事項を容易に消えない方法で表示したもの」と定義されています。
弊社がよくご注文いただく銘板は、屋内外の機械等に使用されております。耐光性・耐候性が求められ、主に紙・プラスチック製のシール原紙に印刷して、透明フィルムをラミネートしたラベルタイプが多いです。
弊社ではデジタル印刷機によるバリアブル印刷(*1)・バージョニング印刷(*2)も可能です。

バリアブル印刷(*1)
バリアブル(可変)印刷とは、無版という特徴を活かし、ページ・個数単位で印刷内容を変更することです。共通のレイアウトに対し宛名や画像などを部分的に差し替える方法と、ページ・印刷全体を差し替える方法があります。特定の印刷方式やデータ処理方式を指しているのではなく、総称となります。

バージョニング印刷(*2)
デジタル印刷では、用紙と抜き型が同一であれば、内容や枚数の異なる印刷物を一度に大量に印刷することが可能です。例えば、店舗別、地域別、機械別など、個々の内容は小ロットであるが、全体として大量印刷することをバージョニング、またはバージョニング印刷と呼ぶことがあります。